Home > 家計 > 債務整理したらクレジットカードが作れない、借りれない、買えない!

債務整理したらクレジットカードが作れない、借りれない、買えない!

借金返済できなくて法的手続きを検討中だけれど、債務整理したらどうなるのか心配という人は少なくありません。
債務整理したら借金を減額、あるいは帳消しできますが、その反面でデメリットもあります。

債務整理には、任意整理、特定調停、自己破産、個人再生といった種類の手続きに分かれており、実施する手続きによってメリット・デメリットも異なります。

債務整理したら借りれない、買えない、作れない!

債務整理の手続きの種類に関わらず、共通するデメリットが信用情報機関の事故登録にともなうクレジットカード・ローンへの影響です。
いわゆるブラックリストですね。

参考:債務整理後クレジットカードは使えない!いつから新規で作れる?

債務整理したらクレジットカードが作れない

債務整理したらクレジットカードが作れないといのは、広く知られていると思います。
クレジットカードを作る際は、信用情報機関CICに照会して借入状況を確認することが法律で定められています。
ブラックリスト登録されていると審査で通らないため、クレジットカードが作れないのです。

債務整理したらクレジットカードが使えない

債務整理したらクレジットカードが使えないのは、ご存じでしょうか?
例えば任意整理や特定調停などで、整理の対象にしなかったクレジットカードも使えなくなるのです。
クレジットカード会社は、カード会員の信用状態を定期的に信用情報機関に照会して調査しているため、ブラックリスト登録が判明した時点でカードを止められてしまうのです。

債務整理したらカードローンが通らない

つまり債務整理したらローンが通らないということです。
カードローン1社だけを対象に債務整理したら、すべてのカードを使えない、作れない状態になってしまうということです。
抜け道としては、弁護士や司法書士に依頼する債務整理ではなく、自分自信が金融機関を掛け合って支払い条件を緩和してもらうケースですが、簡単には応じて貰えないことを覚えておきましょう。

債務整理したら家が買えない

債務整理したら家が買えないのも同様の理由です。
信用情報機関は、JICC(消費者金融)、CIC(クレジット・信販)、KSC(銀行、信用組合、信用金庫、労金、農協)の3種類に分かれていますが、ブラック情報については相互に交換されています。

つまり、消費者金融やカードローンで債務整理したら住宅ローンを組めないので家が買えないのです。
もちろん現金でなら買えますが、そんな人は殆どいない筈です。

債務整理したら家が借りれない

債務整理したら家が借りれないという質問がよくあります。
結論から言うと、債務整理したら保証会社を付ける必要がある家は借りれないです。

保証会社が信用情報機関に情報照会して調査するからです。
保証会社ではなく、保証人を付けるタイプの契約なら問題なく借りられると思います。

債務整理したら携帯が買えない

債務整理したら携帯が買えないのは、分割購入する場合です。
携帯を分割購入する場合、割賦契約を締結するのですが、審査のさいにCICに照会調査します。
分割ではなく一括なら問題なく購入できます。

債務整理後、クレジットカードが作れるのは何年後?

債務整理したら何年でクレジットカードが作れるか、ローンが組めるかは、借入金融機関と債務整理の種類によって異なります。
基本的には5年ですが、1年、10年といった場合もあります。

滞納後完済(または時効の援用)した場合のブラックリスト解除までの期間

JICC 完済から1年経過後
CIC 完済から5年経過後
KSC 完済から5年経過後

自己破産後に免責決定の場合のブラックリスト解除までの期間

JICC 免責から5年経過後
CIC 免責から5年経過後
KSC 免責から10年経過後

上記の期間が経過したら、自分が借入していた金融機関が加盟していた情報機関に開示請求して、ブラックリストが解除されているかどうか確認してみましょう。
事故情報が消えていれば、債務整理の禊は終了です。

Comments are closed.

TOP